ドラマ【東京タラレバ娘】作者で漫画家・東村アキコがスゴイ!BARのママで美人?経歴や作品もwiki風紹介

2017年1月18日から

毎週水曜日の10時より、

日テレ系列でドラマ「東京タラレバ娘」が

放送されます。

ドラマの内容としては、

【見どころ】
「あの時、あーだったら」「もっと、こーしてれば」……タラレバ話を繰り返して女子会ばかりやってたら、気づけば恋も仕事も崖っぷち!? そんな“タラレバ娘”の日常を赤裸々に描いた東村アキコ原作の人気コミックが、待望のドラマ化。
タラレバ娘たちを演じるのは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子の3人。そして、彼女たちの恋を彩る男たちに坂口健太郎、鈴木亮平、田中圭、平岡祐太という豪華メンバーが勢ぞろいする。女子の心に刺さりまくり!笑ってキュンとして元気になれるラブコメディ!!
脚本家の倫子(吉高)、ネイリストの香(榮倉)、父の居酒屋で働く小雪(大島)は、30歳で独身。しかも、恋はここ数年ご無沙汰。“女子会”と称しては酒を飲んで好き勝手言い合っていた3人の前に、ある日、金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。KEYは、タラレバ話ばかりを繰り広げて騒ぐ倫子たちに、「タラレバ女!」と言い放つ!
突然つきつけられた厳しい現実に悪戦苦闘、右往左往。幸せ求めて突き進むタラレバ娘たちの奮闘の日々が始まる!!

【内容】
倫子(吉高由里子)は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(大島優子)と、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。
ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。早坂は、まだADでダサかった8年前に倫子が一度フった男だが、今や立派なプロデューサー。香と小雪は、「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」と煽り、倫子もまんざらでもなく感じていた。
だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げて騒ぐ倫子たちに対し、「タラレバ女!」と言い放つ!

出典 http://tv.yahoo.co.jp/program/25116108/

というものです。

もちろん漫画内容のあらすじも以上のようなものです。

もちろんこの「東京タラレバ娘」もドラマ化されるということで、人気もあって著名な作品であることに違いありませんが、この作品の作者である漫画家東村アキコさんも相当にスゴイ人物であるというか、パワー溢れる存在であるとも言えます。

今回はそんな作者東村アキコさんについて紹介していきたいと思います。

東村アキコ

出典 http://www.officiallyjd.com/

1975年10月15日生まれの現在御年41歳です。

上の着物姿の関連でもありますが、

現在では東村アキコさんがプロデュースする、宝塚ファンが集まるバーをプロデュースしています。

現在どのようなペースや実際に行っているか、内輪のみでの会かなど不明なところもありますが、御本人も「漫画家は世をしのぶ仮の姿で、これが本当の姿です」とも、冗談交じりかもしれませんが言っています。

宮崎県串間市出身で、

幼いころから漫画家になることを夢見ていました。

ちなみに、小学生5年生の時に描いた漫画が

「探偵ぷっつん物語」。

子供探偵が活躍するドタバタコメディで、

もちろん世には出ていません。

まだまだ画力は低いですが

しっかりとストーリーを描いており、

やはり当時の流行っていた「さくらももこ」の漫画「ちびまる子ちゃん」を読んだり影響を受けていたためかコメディ系が好きであったとのことです。

また女性月間漫画としてビッグネームな「りぼん」を読む「リボンっ子」でもありました。

高校時代は、宮崎県立宮崎西高等学校の美術部に所属し、

東村アキコさんが語るに恐ろしいとも言われるような指導者のいる美術教室に入り、

そこで恐ろしいほどに鍛えられたおかげもあってか、

高校卒業後は金沢美術工芸大学へ入学。

学生時代には、

おもしろい先生を観察しては

似顔絵を描いて、

周りを笑わせていました。

その中の1つのエピソードとして、

先生の似顔絵の中で衝撃的に似ている1枚が

流出してしまい、

その似顔絵にされた先生がすごい怒ったということがありました。

ここまでならまだある話ですが、

美術部の先生が毎日職員会議で吊るし上げられるような状態にもなってしまいましたが、美術部の先生が「似顔絵もアートだ」ということで乗り切ってもらい、かばってもらったとのことです。

大学卒業後は会社員として就職し、

その傍らで漫画の創作活動を行って

23歳の1999年に「ぶ~けデラックス NEWYEAR増刊」にて「フルーツこうもり」という作品でデビューを果たしました。

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

また、2001年には「cookie」の2001年の1月号から「きせかえユカちゃん」で初の連載デビューを飾った。

この「きせかえユカちゃん」によって、

上の「フルーツこうもり」のようなシリアス風な作風から、徐々に東村アキコさんの本質ともいえるギャグ風の漫画色を強め、ギャグ漫画家としての才能を開花させていきました。

出典 http://seiga.nicovideo.jp/

出典 http://is4.mzstatic.com/

この「きせかえユカちゃん」でのおまけ漫画で紹介した実父のストーリーが後の担当編集者の目に留まったことから、

「モーニング」の2006年の2月号から

ひまわりっ~健一レジェンド~」の連載が開始され、さらにギャグ漫画家としての評価を上げました。

出典 http://kisscomic.com/

また後には、

「コーラス」の2007年8月号にて、

育児のエッセイ漫画「ママはテンパリスト」が若い女性を中心に支持を集めて、100万部を売り上げる大ヒットとなりました。

これは東村アキコさん自身の子供との実際のストーリーを描いたものにもなります。

出典 http://dqaeric34olch.cloudfront.net/

さらに、

ファッションをテーマにした「海月姫」が

第34回講談社漫画賞少女部門を受賞し、

2010年にフジテレビにてアニメ化。

2015年には実写映画化されました。

出典 http://www.officiallyjd.com/

出典 http://www.cinemacafe.net/

また、2010年から2013年まで「モーニング」で連載されていた「主に泣いています」も、2012年にテレビドラマ化されました。

出典 http://decadeview.ocnk.net/

また集英社の「Cocohana」で2012年の1月号から2015年まで連載された「かくかくしかじか」が、第8回のマンガ大賞第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞しました。

出典 http://s.eximg.jp/

この「かくかくしかじか」は、

今までも紹介した東村アキコさんのこれまでの人生がどうだったか具体的にわかるストーリーとなっています。

主には、高校時代に入ったスパルタ美術教室(日高絵画教室)で出会った講師日高健三さんとの出会いやスパルタ教育。大学へ入学したり漫画家になってからの関係性や、自身の恋愛や出産や就職、漫画家デビューの時のストーリーも描いています。

マンガ大賞を取っている作品だけあってとても良い作品であることには間違いありませんが、それ以上にこの漫画のストーリーが事実であるということに驚きが強いです。

東村アキコさんのギャグ要素もありつつも、ドラマチックで感動も誘う作品で、ラスト辺りは人によると思いますが涙を流せます。一度は見ておいても損はない作品であると思います。

また、同年に今回ドラマとなった「東京タラレバ娘」がananマンガ大賞にも選ばれています。

講談社の「Kiss」で2014年の5月号から連載されていて、現在は2017年1月13日に発売された第7巻が最新刊となっています。

出典 http://konomanga.jp/

次の第8巻は2017年5月15日に発売予定です。

今後もこれだけでなく多くの漫画を生み出していくことだろうと思います。

今後の活躍や良作にも期待です。

【合わせて読みたい記事】

「東京タラレバ娘」主演の吉高由里子さんがドラマ名にちなんだ企画のテレビ番組

‚É‚ñ‚ÉŒNƒCƒ‰ƒXƒg

吉高由里子・坂口健太郎出演「東京タラレバ娘」や名前由来のお店や鶏肉・牛肉も紹介【火曜サプライズ】

催眠術師・十文字幻斎の催眠術のターゲットとなった吉高由里子さん

20140327_0957_008[1]

吉高百合子が十文字幻斎の催眠術にかかる?年齢や身長・本名や番組内容もwiki風紹介【しゃべくり007】

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です