ホアン・シャオミンwiki風プロフィール(画像あり)~彼女・結婚・年収は?「シティーハンター」中国で実写映画化で主演!

2018年12月末以降に、中国内で日本の人気漫画「シティハンター」が実写化されることになりました。

その主人公の冴羽獠を演じるのは中国でも絶大な人気を誇る

黄暁明(ホアン・シャオミン)さんです。

この黄暁明(ホアン・シャオミン)とはどういう人物なのでしょうか??

気になるパートナーや年収についてまとめてみました。

主演は黄暁明(ホアン・シャオミン)~wiki風プロフ~

《名前》   黄暁明(ホアン・シャオミン)

《生年月日》 1977年11月13日(38歳)

《血液型》  O型

《身長》   180㎝

《体重》   70㎏

《出身地》  中国 山東省青島

●主な出演経歴

・2008年 東芝のCMに出演

・2013年 映画「ラストシャンハイ」に出演

・2013年 映画「アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ」で主演を務める

●「シティハンター」中国で再実写化

北条司さんの人気漫画「シティハンター」が、中国で再び実写化されることが決まった。

監督は「ポリス・ストーリー3」でも監督を務めたスタンリー・トンさん。

主人公「冴羽りょう」を演じるのは中国の人気俳優 黄暁明(ホアン・シャオミン)さん。

※シティーハンターとは

1985年~1991年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、2015年には全世界での累計発行部数 が5000万部を超えた大ヒット漫画。ボディガードや探偵として随一の腕前を誇るが、無類の 女好きという主人公「冴羽獠」の活躍を描いたハードボイルドコメディです。

1987年~1991年にかけて4度のテレビアニメ化され、1996年~1999年にかけて3度のテレ ビスペシャルが放送されました。

アニメ・漫画原作の実写化といえば、反対する人も多い印象ですが、シティハンターは過去にも3度実写化されています。

そのうち2つは非公認作品ですが…

○1991年「神鳥伝説」香港映画。原題は『九一神鵰俠侶』。アンディ・ラウ主演。冴羽獠、槇村兄妹、野上冴子、銀狐などに似ているキャラクターが登場。

○1993年「シティーハンター」香港映画。原題は『城市獵人』。ジャッキー・チェン主演。ジャッキーがファンから「冴羽獠に似ている」と言われたことがきっかけとなり、製作につながった。公認作品

○1996年「孟波」香港映画。日本未公開。マイケル・チョウ(周文健)主演で、冴羽獠の香港名「孟波」を題名とした作品。

4度目(非公認作品を含む)の実写化である今回は、マンガ「シティーハンター」の著作権を管理する株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ、アニメ制作に携わった讀賣テレビ放送株式会社も参加していることから公認作品と呼べるのではないでしょうか

人気作品であるだけに、視聴者のハードルは高いかもしれませんが、良き作品と呼べるもの(少なくとも後に黒歴史と呼ばれないもの)を期待です。

●黄暁明さん結婚相手はアンジェラベイビーさん(画像あり)

現在38歳の黄暁明さん

人気俳優ともなれば引く手あまたでしょうが、一般人からすると38歳独身だとそろそろ焦りますよね。

さて、黄暁明さんですが、2015年に中国出身のファッションモデルで香港の女優のアンジェラベイビーさん(27歳)と結婚されています。

出典:http://japanese.china.org.cn/culture/2015-05/29/content_35691252.htm

いやー 美男美女とはまさにこのことですね

この写真を見る限りでは、もちろん撮影用に撮ったものでしょうが、

美人過ぎるのは明らかにわかります。

さらに結婚1周年を迎えて、

2016年10月8日に、アンジェラベイビーさんが第一子を

妊娠したとの発表がありました。

「ベイビーがベイビーを産む」とも話題となり、

まさに順風満帆ですね。

●黄暁明さんはただのイケメンなのか?そして年収は??

黄暁明さんは俳優だけでなく実業家としての側面ももっているようです

北京市内の不動産、病院やゴルフ場への投資も行っており

2014年の中国の長者番付で4位にランクイン。

年収は48億円ほどともいわれています。

さらに、身寄りのない老人や障害を持った子供たちへの寄付や訪問などの慈善活動にも力を入れており、まさに完璧超人

あんたはネプチューンマンか…….

ただかっこいいだけでなく、性格も良く、お金もきれいな奥様もゲットした黄暁明さんはこれからどこに向かおうというのか??

そして今後の動向が気になりますが、

今回実写映画化するシティハンターは、

ご存知の人がいるかもしれませんが、

本家アニメでも下ネタ要素として、

スケベでチャラい主人公の冴羽獠(主演の黄暁明さんが演じる)の

下半身が「もっこり」する、

または本人の口からその言葉が出てくるというシーンが少なからずあります。

本家アニメでは、「キン肉マン」や「北斗の拳のケンシロウ」の声優もされた神谷明さんが

御多分にコメディ感を込めてセリフを放っていたのですが、

今度の中国での実写映画化において、

このイケメン完璧超人の黄暁明さんが「もっこり」発言をし、

スケベで女好きな男の役をしていくのだろうか、

またはキメ顔でかっこよく「もっこり」と発言をするのだろうか。

どのような役をするのか本当に公開が待ち遠しいです。

最後に、「もっこり」発言を期待する人には朗報です。

黄暁明さんは8歳の頃から「シティハンター」を愛しており、

小さい頃から購読しています。

今回監督するスタンリートンさんも、この漫画を愛してやまないので、

その冴羽獠のキャラクターを大きく壊してしまうことは

ないのではないかと期待しています。

つまりは、「もっこり」発言のようなスケベな男を演じてくれるものであるということの期待値が今も上がっています。

キャラに徹するか否か、

どちらの結果となったとしても、この映画の完成と無事の公開に期待です。

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です