インディアンスの田渕章裕は西のザキヤマ?明るすぎる家族や胸バッジ・出身高校は?【ナカイの窓】

2016年11月16日放送の、日本テレビ『ナカイの窓「ムダに明るい人々SP 第2弾」』に、お笑いコンビ「インディアンス」の田渕章裕さんが出演します。
西のザキヤマの異名をとる インディアンス田渕さん。

スポンサーリンク




明るいウザキャラの田渕さんですが、家族の中では三番目の明るさ?明るすぎるハイテンション家族とは!?番組ではその秘密に迫ります。

そんな田渕さんはどんな人物なのでしょうか。

田渕章裕(たぶち・あきひろ)

「インディアンス 田渕」の画像検索結果

写真左が田渕さん 写真右は相方の木村 亮介さん

《生年月日》   1985年6月2日(31歳)

《血液型》    A型

《身長》     172㎝

《体重》     77kg

《コンビ名》   インディアンス(ボケ担当)

《出身地》    兵庫県たつの市

《学歴》     関西大学経済学部

《所属事務所》  吉本興業

《趣味》     読書、絵を描くこと、酒を飲むこと(酒豪)

《特技》     キャベツの千切り(バイト9年)、顔芸、上下の唇をひっくり返す

●明るすぎる家族や胸のひまわりバッジは??

写真を見ると、左胸のひまわりが強烈です。

一見、シャツにプリントされたものかと思ったのですが、どうやらバッジなんですね。
これは、上京する前に、田渕さんの母親が手作りしてくれた思い出の品で、「明るくて好きな花」とのことで、ステージに立つ際には必ず付けているそうです。
その色合いと、太陽に向かって咲く様子から、明るい花のイメージがあるひまわりが、
田渕さんのウザさを少し緩和してくれています。

スポンサーリンク



明るすぎるという家族ということですが、テンションの高い田淵さんでも家族で三番目とのこと。
まだ誰がテンション高いということは明かされていませんが、このひまわりの明るいバッジを送ることから考えて一人はお母さんという可能性が強そうです。
あとは、父母両方ともテンションが高いということもありえますが、テンションが高い同士反発してしまう可能性を考えて、兄弟がいるとしたらその兄弟が高い可能性があります。
しかしながら、芸人さんよりテンションが高いという状況。家族会話の一場面を見てみたいものです。

●田渕章裕さんの主な経歴

・2008年 NSC大阪校 31期生。

・2015年新春 関西テレビ「さんまのまんま」に今田耕司おすすめ芸人として出演。

・2015年 第45回NHK上方漫才コンテスト 準優勝。

・2016年4月 拠点を東京に移す。

・2016年7月3日 日本テレビ「ニノさん」に出演し、 6秒芸で優勝。

・2016年8月18日 テレビ朝日「アメトーーク!」に出演。番組の内容は、企画プレゼン大会。

今年の4月に拠点を東京に移したということで、まだ、全国ネットでの出演は少ないですが、

さっそくアメトーークに出演していたりとブレイクの兆しがあります。

漫才も賞レースで準優勝する実力がありますので、これからテレビで見かける頻度は高くなっていくのではないでしょうか。

●ザキヤマに憧れすぎ!? 西のザキヤマの異名をもつ。

ザキヤマこと、アンタッチャブル山崎

出典 http://maruwakari.net/

田渕さんは、ザキヤマさんを尊敬しているみたいで、芸人仲間の間では「西のザキヤマ」と呼ばれているそうです。

衣装も黒のスーツに白のカッターシャツなので、ザキヤマさんと同じです。
スポンサーリンク




人は、憧れが強いと、憧れの人と一心同体になりたいと強く意識し、似たような外見や、上方、仕草をするようになります。

田渕さんの服装は、そういった同化の表れかもしれませんね。

また、言動の軽快さと適当さ。そして、それらから醸し出されるウザさが、なんともザキヤマさんに雰囲気が似ています。

本当に、ザキヤマさんに憧れているのでしょう。

漫才でいえば、ツッコミの方がアンタッチャブルの柴田さんのように、もっと強いツッコミをするようになれば、往年のアンタッチャブルのような漫才が実現するかもしれませんね。

●男子ソフトボール部芸人!?高校で男子ソフトボール部に所属

田渕さんは、2016年8月18日の「アメトーーク!」に出演し、番組の企画プレゼン大会で『男子ソフトボール部芸人』企画を提案しています。

田渕さんは兵庫県立龍野高等学校でソフトボール部でキャプテンを務めており、ソフトボール部故の悲しい思い出がいろいろあったんだそう。

その一部として、ダブルベース(ソフトボールでは野球と違って、一塁手と走者の衝突を防ぐため、一塁のベースが、二つ繋がっている)を野球部にいじられることや、球技大会のソフトボールでは、ソフトボール部だけでなく、野球部も活躍してしまうエピソードを披露しました。
スポンサーリンク




ソフトボールって、野球を簡単にしたスポーツっていう印象があって、野球ができる人なら、ソフトボールもできるっていう。

それはソフトボールを専門にやっている人からすれば、悲しいですよね。

細かいところでいえば、必要な能力や技術に違いはあるんでしょうけど。一般人からすると、そんな違いは、ささいなものでしょうからね。

最終的には野球部に入っておけば良かったと田渕さんは結論付けていました。

●まとめ

西のザキヤマの異名をもつお笑いコンビ「インディアンス」の田渕章裕さんが、11月16日放送の「ナカイの窓」に出演します。

2016年に東京に拠点を移してから、じわじわと、メディアでの露出を増やしてきています。

高校は実は偏差値61~65の進学校で、大学も関西大学と、頭も良い田渕さん。ウザいキャラは頭の回転も速くないと務まりません。

芸歴もまだ一桁の期待の若手芸人として、面白いボケを連発して、みんなの脳内に強烈に残ることを期待しましょう。

【合わせて読みたい記事】

http://yuumeijin-shokai.com/village-kouga-tu…i-profile-shokai-836

レッドガオ赤壁・LEOTO(井上)は同じ工業高校?ダンスネタ動画もwiki風プロフ紹介【アメトーーク・パクりたい1GP】

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です