狩野英孝が芸能界引退?淫行条例適用?基準や法的犯罪は?17歳淫行疑惑で刑法や児童福祉法的に今回はヤバイ!

出典 http://media.image.infoseek.co.jp/i

6股疑惑で今までも問題や、今でも芸人やタレントからもいじられ続けている狩野英孝さんですが、今回状況がかなりやばそうです。

狩野英孝さんが17歳の未成年の(M)さんに対する淫行疑惑で大きなニュースとなっています。

今までは話題ということで済みましたが、17歳の淫行疑惑ということでこれが本当ということになれば、法的な罪に問われてしまいます。

ノンスタイルの井上さんも、当て逃げ疑惑ということで活動自粛や各方面へ大きな影響を与えることになりましたし、特に淫行疑惑ということになれば引退に追い込まれた芸能人も記憶に新しい状態です。

狩野英孝さん自身は「肉体関係は持っていない」「相手は22歳であったと聞いていた」ということで、本人にわかってやっていたということはまだ確定していません。

しかしどちらにせよ、狩野英孝さんが17歳の(M)さんと肉体関係をもっていたいうことになれば、いくら知らなかったと言っても法的な罪に問われる可能背があります。

良くて芸能活動自粛。悪くて芸能界引退。さらに悪ければ逮捕ということにもありえます。

もし17歳未成年女性との肉体関係が認められた場合、どのうような法的な罪に問われてしまうのでしょうか??

●青少年健全育成条例の淫行条例・の適用

適応されそうな条例として、淫行条例というものがあります。

淫行条例(いんこうじょうれい)は、日本の地方自治体の定める青少年保護育成条例の中にある、青少年(既婚者を除く18歳未満の男女)との「淫行」「みだらな性行為」「わいせつな行為」「みだらな性交」また「前項の行為(=「淫行」など)を教え・見せる行為」などを規制する条文(淫行処罰規定)の通称である(正式な名称ではない)。

この青少年保護育成条例(せいしょうねんほごいくせいじょうれい)は、日本の地方公共団体の条例の一つで、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例の統一名称である。青少年保護条例や、青少年健全育成条例と言うこともある

出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

そして罰則に当てはまるとすれば、

青少年健全育成条例による罰則の上限は懲役2年、罰金100万円。公訴時効は3年。
児童福祉法違反なら10年以下の懲役若しく300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
時効は5~7年。

というものになります。

●児童福祉法の違反と適用

児童福祉法(じどうふくしほう、昭和22年12月12日法律第164号)は、児童の福祉を担当する公的機関の組織や、各種施設及び事業に関する基本原則を定める日本の法律である。社会福祉六法の1つ。

出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

●法的にグレーな部分もある

今回肉体関係を持ったとしての前提で話を進めたとすると、もちろん年齢や相手との関係によってはグレーな部分も存在します。

もちろん相手が18歳以上の方であれば今回の件については問題はありませんし、罪に問われることもありません。

また、もし仮に狩野英孝さんが相手と同じ同級生の年齢(13歳~18歳)ということであればこれもまた問題ではありません

また相手が13歳未満の場合は、何の酌量もなしで強姦罪強制わいせつの刑法に問われます。

しかし今回は34歳の狩野英孝さんであるので、上のような同級生だからOKということにはなるわけではありません。

しかし、たとえ狩野英孝さんが34歳で相手が18歳以下でも大丈夫な場合があります

それが次の状況による場合です。

●相手の保護者に認められる関係であれば大丈夫

たとえ狩野英孝さん(34歳青年)とMさん(17歳未成年)であっても、例えばMさんの保護者によって、二人の関係が認められているような状況

例えば、16歳以上の女性であれば結婚すること出来るので、すでに婚姻届けが出されているような状態。お互いに夫婦関係であるのでもちろん問題はありません。

または、いわゆる親同士による許嫁(いいなずけ)関係で、婚姻届けは出していなくても今後結婚が約束されているような間柄。

また、たとえ許嫁のような関係でなくても、親同士にそのような相手として認められている状態であれば許される範囲の中にいます。

つまり親に認められるような間柄でなければアウトということになってしまいます。

●もっとも重要な点~恋愛感情があるか?(微妙ゾーン)

親に認められなていない状況であればアウトであると上でも紹介しましたが、その中でも微妙なゾーンも存在します。

それは、恋愛感情のある物であったか否かというものです。

これは恋愛感情の無い身体だけの関係や、不倫関係といったようなものです。もちろん身体だけの関係であったら何も言えないでしょう。

しかしながら、不倫関係であっても、無罪となったケースもあります。

平成19年5月23日、32歳の既婚男性が17歳の少女と性交渉をしたことが「淫行の罪」に問われていた事件で、名古屋簡易裁判所は、無罪判決を言い渡しました。

この事件では、男性が既婚者であったため「妻子ある男の浮気、不倫であり、道徳的に非難されるべきことには異論がない」としつつも、男性と少女の間に恋愛感情があったことを理由に、「単に自己の性的欲望を満たすだけの目的」で性交渉に及んだとは言い切れない、と判示されました

出典 https://allabout.co.jp/gm/gc/63094/2/

このような状態もあるので、もし狩野英孝さんに相手への恋愛感情がある場合においては、無罪になるケースもあるということです。

●狩野英孝さんが無事でいられるには?

上からのまとめとして、狩野英孝さんが罪に問われなかったり無事にすむというパターンがあるというのであれば、

・実は17歳のMさんと婚姻に近い関係

・または婚姻届けを出している

・お互いに真剣に付き合っている

・肉体関係を持っていない(究極的には)

ということが重要になります。

しかし今回のケースや、「相手は22歳だと聞いていた」という発言から、恋愛感情があったり、真剣にお付き合いしていると立証するのは難しいかもしれません。

そうでなくても、今回は淫行というケースに該当する可能性が高く、社会的な反響も強いことから、単に「相手が17歳であったと知らなかった」では済まない事態にもなっています。

もし疑惑のすべてが無かったものであったとしても、今までと同じようにテレビに出演することはかなり難しいと予想されます。

ハニートラップのように嵌められたケースももしかしたら無いとも言い難いですが、今後逮捕のようなことにならないよう願っています。

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です