黒部ダム漫談駅員・中里之宏の動画は?販売トークが面白い!トロリーバスの値段や扇沢駅の場所はどこ?【日本テッパン遺産】

2017年5月30日(火)テレビ朝日放送の「日本テッパン遺産 天海祐希&梅沢も絶賛!全国の笑える素人大賞!!」に、黒部ダムで面白く販売トークを行う駅員さんが紹介されます。

スポンサーリンク



●番組内容は?

日本各地の様々な職業の人々が来られたお客さんを絶対に笑わせる「テッパントーク」を紹介し、「日本のテッパン遺産」に番組で独断で勝手に認定していく番組です。

全国各地からの客さんを笑わせるテクニックは必見のものです。

今回は審議委員長に天海祐希さんを迎え、審議委員に梅沢富美男、榊原郁恵、ヒロミ、SHELLY、岡副麻希さん。

MCにハライチの澤部佑さん。進行に朝日テレビアナウンサーの松尾由美子さん。VTRゲストに友近、横澤夏子さんを迎えて進行していきます。

●黒部ダムの漫談駅員は誰?駅員ではない?

今回紹介された黒部ダムの漫談駅員は、中里之宏さんという方です。

黒部ダムの扇沢駅で、お弁当、ようかん、ミニカー等多岐に渡る商品を面白いセールストークで販売していきています。

その期間は、中里さんによると約11年前くらいから行っているとのこと。

スポンサーリンク




過去には1日最高1000個もの弁当を販売したことがあるという経歴もあります。

また、黒部ダムへ向かう際のトロリーバスの説明も行っているとのこと。

駅員の姿をされており、今回漫談駅員と呼ばれていることから駅員の方かと思われそうですが、実は駅員ではないそうです。

販売員であることは間違いないそうですが、この姿で販売を始めたのは、扇沢駅から黒部ダムへ向かうトロリーバスは30分に1本なので、どうしても待ち時間が余ってしまい、一度並んだことがあるが退屈な時間であったそう。

そのため、駅員の恰好はお客さんに親しみやすさをおぼえてもらうため、そして退屈させないため、経験から学んだことをネタ帳に記し、お客さんの笑いどころを確実に抑えられているそうです。

●黒部ダム・扇沢駅の場所は?

黒部ダムという名前は聞いたことはありますが、いったいどこにあって、どのような観光場所であるかは詳しくは知らない人は多いと思います。

この黒部ダムですが、富山県の立山町というところにあります。

富山県東部の中部山岳国立公園内にあり、3000m級の高山地帯として知られている北アルプスの中央部分にあるのが立山町です。

黒部ダムが直接見れる場所へは、直接車等で行くことはできないため、まずは扇沢駅という、黒部ダムへ行くための電気で走るトロリーバスに乗れる駅へ行く必要があります。

スポンサーリンク




この扇沢駅には、無料・有料それぞれ350台ずつの駐車場があります。

ここで車で来られた場合は降りて、トロリーバスに乗って黒部ダムへ向かうこととなります。

このトロリーバスの運賃は、大人1540円(往復2570円)、小人770円(往復1290円)となっています。

このトロリーバスの待ち時間に、日にもよりますが販売員のセールストークと漫談販売をきくことができます。

●販売漫談駅員の動画は?

お弁当、ようかん等様々な商品の紹介と販売をしている中里さん。

その様子の動画は次の物になります。

結構いろんなものを販売しており、販売が始まるとすでにお金を準備されているお客さんもいらっしゃいます。

販売員でありながらも、駅員以上にトロリーバスや注意事項の説明もされています。

自身の待ち時間で退屈した経験をもとに、お客さんを退屈させないためにもこのような販売をされている中里さん。

これからも活躍を続けて行ってほしいです。

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です