北朝鮮ミサイル天才科学者金正植(キムジョンシク)の学歴や経歴は?国連も危険視~好待遇の内部文書内容や保障も

出典 http://www.sankei.com/

2017年5月21日夕方に北朝鮮は「北極星2型」ミサイル発射や、さらに一週間前の5月14日の早朝に「火星12型」を飛ばすなど、連続してミサイルを発射して世界や周辺各国を挑発しています。

スポンサーリンク




さらには、ロフテッド軌道と言う高高度までミサイルを飛ばす技術や、固体燃料を使用してミサイル発射するなど、かなりそのミサイル技術が高度化されており緊張も高まっています。

そのミサイル発射の裏には、「天才科学者」の存在があると注目を集めています。

その北朝鮮でミサイル開発に関して「天才科学者」といわれているには、いったいどのような人物なのでしょうか??

●北朝鮮ミサイル開発の天才科学者とは?

この北朝鮮でミサイル開発の天才科学者と言われているのは、「金正植(キムジョンシク)」という男性です。

金正恩委員長の隣に映る、メガネをかけた右側の男性になります。

数々のミサイル実験などにおいて、金正恩委員長のそばでその姿が確認されており、重要な人物であることは間違いないとされています。

韓国軍筋の情報で、年齢は50代半ばと言われいます。

スポンサーリンク




ですが、生年月日や経歴については不明な状態となっています。

かなり謎の多い人物ですが、アメリカや韓国の情報機関は、金正植(キムジョンシク)がミサイル技術が大幅に進化した中心人物であるとみています。

そして、もと脱北者で、世界北韓研究センターの安燦一(アンチャンイル)所長は、その金正植(キムジョンシク)について知っている情報を明かしました。

~コンテストで何度も最優秀賞を受賞~

北朝鮮では数学や物理学のような分野でコンテストが多く催されているとのことですが、金正植(キムジョンシク)は何度も最優秀賞を受賞し、10代でその天才ぶりを認められています

そしてスカウトのような形で、平壌(ピョンヤン)理科大学に入学し、卒業後にはすぐに第2自然科学院(現在の国防科学院)に入り、ロケットエンジンの開発に従事していきたとのことです。

~「共和国英雄」の称号を受ける~

さらには、ミサイル開発の実績が認められ、北朝鮮で最高の名誉とされている「共和国英雄」の称号を受けています。

とくにロケットエンジンの開発は天才的で、液体燃料を固体燃料に変えるなど、独創的な技術の開発で頭角を現されたといわれています。

スポンサーリンク




今回の2017年5月21日夕方に発射されたミサイル「北極星2型」の液体燃料から高度な固体燃料への使用へと進化したのは、やはりこの金正植(キムジョンシク)氏の影響が強いものではないかと考えられます。

●国際社会も制止に動き始める

そして、そんな天才科学者に動きを制止しおうと、国際社会は動いているとのこと。それだけ有能でもあり、ミサイル技術的な観点からも危険な存在として見られています。

一昨年から金正植(キムジョンシク)の名前は表に出ない情報として上がっていましたが、国連として正式に捜査できる状態になったのは去年からとのこと

きわめて近い将来には、安全保障理事会が追加制裁対象を指定する時に、この金正植(キムジョンシク)氏の名前は間違いなくトップ候補の一人にあがるだろうといわれています。

●科学者を重用する内部文書も

この天才科学者と言われている金正植(キムジョンシク)氏をはじめとした、「科学者重用」が、金正恩委員長の意志であることを示す内部文書もあるとのこと。

スポンサーリンク




この文書の中には一部次のように記されています。

「金委員長はこうおっしゃいました。『すべては人材で決まる』『科学者たちを大切にして、科学研究事業に専念できるように保障してあげなければならない』『科学者たちは強い覚悟を持ち、先導者としての責任と役割を果たさなければならない』」

この内部文書は、去年の5月の党大会で、金正恩委員長の演説を末端まで理解させるための文章で、解説書でもあります。

●科学者への好待遇を実施

その内部文書で示されたように、科学者のやる気をださせるためにも、平壌(ぴょんやん)中心部の「未来科学者通り」という高層マンション群が建設されました。

出典 http://livedoor.blogimg.jp/

ここのマンション群の部屋は、科学者と家族に無償で提供され、家具などその他一切を無料でそろえてもらえてる状態とのことで、その住居に住む科学者の家族は、何不自由なく幸せに暮らしていると話しています。

さらには、5月14日に発射されたミサイル「火星12」の発射実験に携わった科学者たちを歓迎するパレードのように歓迎されています。

続いて、功績をたてた科学者には、金正恩委員長から直々に高級時計を付けてもらうなど、最上級のもてなしがされています。

スポンサーリンク



●なぜここまで科学者は優遇されるのか?

ここまで高い優遇を科学者はされますが、その理由には内部文書に次のようにも記されているからです。

「軍事力は反米決戦と社会主義建設の勝利のための決定的な担保である」「核保有国としての地位に合わせて、対外関係発展の新しい章を開いていく」「核保有国の地位を堅持する原則を守らなければならない」

すなわちは、『核保有国としての立場でアメリカとの交渉に臨む』という姿勢であるということです。

さらにミサイル開発が進み、最終段階とも言われている現在、世界各国や各部の協力、そして特に金正植(キムジョンシク)氏への対応も進めていく必要がありそうです。

【合わせて読みたい記事】

ロフテッド軌道ミサイルで日本への距離や迎撃で核の危機?!各都市と比較~北朝鮮が高度2000㎞飛翔で新型の可能性も

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です