みやぞんは少林寺で水上漂奇跡成功なるか?水の上を板で走り渡る本物動画も紹介【イッテQ】イッタっきりin中国

2017年3月19日(日)放送の「世界の果てまでイッテQ!」での人気企画「世界の果てまでイッタっきり」において、ANZEN漫才のみやぞんさんが中国少林寺においてまた新たな挑戦を行います。

スポンサーリンク



●番組内容は?

●世界の果てまでイッタっきり in中国
<出演者:みやぞん(ANZEN漫才)>

ブル・リーピングに引き続き、前回も空中ブランコで大成功を収めたみやぞん。
今回は、みやぞん憧れの中国・少林寺で、現在この世でたったひとりしか出来ないと言われている奥義「水上漂」に挑む!

水の上に張られた板の上を渡る「水上漂」。一見簡単そうに見えるが、初挑戦したみやぞんは全く刃が立たず…。
25m完走を目指して、少林寺の修行に日々励む!
果たして、みやぞんは25mを渡りきり、日本に返ってくることが出来るのか!?

出典 https://tv.yahoo.co.jp/program/27571996/

今までにおいても、牛を飛び越えるという「ブル・リーピング」やイタリア・ミラノの老舗サーカス団で「空中ブランコ」を成功させるという奇跡を起こしてきました。

「ブル・リーピング」や「空中ブランコ」について、その時の動画はそれぞれ次にも紹介しています。

ANZEN漫才みやぞん【全落】ホールインワンなるか?奇跡芸人の天才ぶりをwikiプロフも紹介~とんねるずin芦ノ湖

【イッテQ】みやぞんが空中ブランコで奇跡本番成功!シュークリームも上手く作れるか?~イッタっきりinイタリアミラノ

●中国・少林寺とは?

出典 http://www.chinaviki.com/photos/

一口に少林寺といっても、中国には嵩山少林寺福建少林寺の二つがあります。
スポンサーリンク




そのうち少林拳の中心と言われているのが、嵩山少林寺と言われています。

ここは中国河南省の、中岳嵩山の中の少室山の北麓にある寺院で、インドから中国に渡来した達磨(だるま)による禅の発祥の地して伝えられています。そして、少林武術の中心地として世界的に有名です。

なお、少林寺拳法というものがありますが、この少林寺拳法は日本で創設されたものであり、嵩山少林寺の武術とは全くの別物です。結構はこれは誤解されているみたいです。

どこの少林寺で行われるかどうかは詳しくは伝えられていませんが、おそらくは中心地ということで、この嵩山少林寺で「イッタっきり」の収録が行われるのではないかと思われます。

もう一つに福建少林寺がありますが、ここは南派少林拳の起源の地とされる伝説的な寺で、南少林寺とも呼ばれています。ここで行われる可能性もあるとも思われます。

●水上漂とは?動画で紹介

今回みやぞんさんが挑戦される「水上漂」ですが、現在この世で一人しかできない扇と言われるものです。

あの少林寺でも出来る人が一人しかいないというこの過酷すぎる「イッタっきり」ロケですが、まずはその動画を紹介したいと思います。

水の上を渡るだけでなく、さらに距離もものすごく長いというあまりに過酷なものですが、それをやり切ってしまうところがスゴイと言わざるを得ません。
スポンサーリンク




日本でも水の上に浮かべたゴザの上を走るという物がありますが、板である分さらに難易度が高いのではないかと思われます。

次は中国語で解説されてはいますが、図ありで詳細が分かるようになってます。

最近みやぞんさんはよくテレビに出演さされているので、このロケも何度か帰国しながら行われるのではないかと思われますし、さらには難易度もかなり高いです。

しかし今まで奇跡成功をされてきているみやぞんさんなので、今回の「水上漂」もぜひとも成功させて、この世できる人の2人目に名を連ねてほしいです。

●放送結果!みやぞんさんは奇跡成功!

今回のチャレンジも見事成功させたみやぞんさん。本当に奇跡ばかりを起こされることに驚きです。

その放送内容については以下にまとめています。

みやぞん少林寺で水上漂奇跡成功!マントウ作りや鷹の舞・スパルタンXや放送結果紹介!【イッテQ】

【合わせて読みたい記事】

みやぞんと石橋が足立区旅!行った焼肉屋・占いスナックの店名や場所・お母さんキャラも紹介【撮れ高とんねるず】

みやぞんが高2で柔道部彼女にフラれ・先輩どぶろっくや怒られた理由や背中高さ当ての新特技を紹介!【行列のできる法律相談所】

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です