非核最強爆弾MOAB(モアブ)の爆発威力や性能・由来や重量は?アフガニスタンでイスラム国へ初実用

出典 http://www.globemaster.de/assets/images/moab.jpg

2017年4月13日に、アメリカ米軍が非核兵器では最強の大規模爆風兵器モアブ(MOAB)をアフガニスタンの過激派組織IS(イスラム国)の潜伏地域初めて使用したことを発表しました。



先日からのシリアのアサド政権へのトマホークの使用、北朝鮮への空母打撃群「カール・ビンソン」の派遣と今までに無いような軍事的な強行を続けるトランプ政権ですが、今回使われた非核兵器では最強と言われる「モアブ」とはどのようなものなのでしょうか??

●MOAB(モアブ)とは?

名称の由来は?

MOABとは英語表記で「Massive Ordnance Air Blast」と書かれる大規模爆風兵器です。

制式名称じは「GBU-43/B」と呼ばれ、2017年1月現在では、通常兵器としては史上最大の破壊力を持つ爆弾であり、アメリカ空軍が開発しました。

アメリカ空軍内部では「Mother Of All Boms(すべての爆弾の母)」と呼ばれることもあるような爆弾です。

かつて、湾岸戦争をイラクの独裁者であるサダム・フセインがかつて「Mother of all batles(すべての戦争の母)」と呼ばれたことにちなんでいます。

いつ開発された?

MOAB(モアブ)はデイジーカッター(地上を薙ぎ払うように吹き飛ばす爆弾)の後継として、2002年から空軍研究所にて開発が始まりました。

デイジーカッター

出典 https://ja.wikipedia.org/

その後の2003年3月11日にフロリダ州のエグリン空軍基地で実地試験が行われ、11月にも試験が行われました。

非核兵器の中で最強の爆弾であるMOAB(モアブ)ですが、さらに後継の爆弾の開発も行われているとのことです。

大きさや重さは?

長さは約9.1m

重さは約9,800kg

炸薬は8,482kgほどあると言われています。【炸薬にはスラリー爆薬やトリトナール(TNT80%、アルミニウム粉末20%混合)を合わせていると言われているが明らかにはなっていません】



10トンに及びそうな重量がある爆弾であるため、通常の爆撃機には搭載することができません。

そのため、C-130C-17などの大型輸送機の後部貨物扉からMOABを載せたパレットごとパラシュートで引き出され、空中投下されます。

C-130J スーパーハーキュリーズ画像

アメリカ空軍州兵用のC-130J

出典 https://ja.wikipedia.org/

第二次世界大戦中にイギリス空軍が用いた「グランドスラム」という爆弾をよりわずかに大きさとしては小さいが、それを除けば現有する爆弾の中で最大の大きさとなります。

命中精度や利点は??

元となった爆弾と言われるデイジーカッターはパラシュートで降下されました。

しかしMOAB(モアブ)これとは違い、パラシュートが付いたパレットから切り離された後はGPS誘導で展開した格子状のフィンで方向を制御するため、デイジーカッターより命中精度は良いとされています。

さらに、パラシュートを使用する際はある程度高度を下げる必要がありますが、それでも高い高度から投下できるため、敵の対空砲火を浴びる危険性が少ないという利点もあります。

MOABの値段は??

MOAB(モアブ)にかかった費用は、約3億円と言われています。

ミサイル1つで2000万円と言われる中、確かにミサイルもかなりの費用であると思いますが、MOABはさらにその15倍の値段かかってしまいます。

軍事力と費用が潤沢なアメリカやロシアなどの大国ならば可能でしょうが、北朝鮮がこれを開発・実験をしようとなるともう手が回らないと思われます。

爆発の威力は??

デイジーカッターの破壊力画像

モアブ 爆弾 に対する画像結果

出典 https://www.strategypage.com/

かつて元となった爆弾の「デイジーカッター」が使用された時、それを爆発を見た兵士の一部は戦術核兵器の爆発と誤認したほどあったとのこと。

また、イラク戦争の際に爆撃を受けたイラク軍は「アメリカ軍が原爆攻撃を行った」と報告したほどの威力があります。




またこのイラク戦争において、C-130輸送機に搭載されて実戦配備されたが使用はされなかった。

今回のアフガニスタンの過激派組織IS(イスラム国)の潜伏地域に使用されたのが初めてとなります。

そしてMOAB(モアブ)の実地訓練の際には、そのあまりにも凄まじい爆発のため原子爆弾のようにキノコ雲が発生したと言われいます。

米フロリダ州のエグリン空軍基地にある実験場で行われたMOAB投下実験様子

米軍、最強の非核爆弾を初使用 アフガンのIS空爆で

出典 http://www.afpbb.com/

広範囲を爆風で吹き飛ばす威力を持っているMOAB(モアブ)ですが、その爆発威力の範囲は半径400~500mと言われています。

放射能は無いとはいえ、全長約1kmもの部分が爆発してしまうと考えるとかなり恐ろしい兵器です。

●MOAB実験動画は?

アメリカで行われたMOAB(モアブ)の様子や爆発実験動画は公表されています。




次の動画を見て頂けると、大型輸送機の後部扉からパレットごとパラシュートで引き出されて投下される状況や、爆発の状況も確認できます。

それは次の物になります。(多少音量注意)

今回使用された非核兵器の中で最大の威力と言われるMOAB(モアブ)が使用されましたが、北朝鮮に対しての牽制のためにこの時期に使用されたかどうかは不明なところはあります。

しかし確実に強い効果を与えたものではないかと思われます。

今後再び使用されるような状況にならないことを願いますが、今後の動きに注目です。

【合わせて読みたい記事】

米航空母艦打撃群・カールビンソンの兵器や能力・戦闘機動画やミサイル対応は?朝鮮半島牽制で北と戦争の危機か?

スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280広告(有名人・テレビ紹介サイト)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です